top of page
Search
  • Writer's picturefuzuki hoshino

20221228

自分が出したエッセイ『プールの底から月を見る』の読書会をやった。 秋田から友人のたいが君が来てくれて、一緒に企画という形で。

みんなが私の本を持っていてくれて、しかも読んでくれていて、今まで本読んだよって伝えてもらえる機会は何度もあったはずだけど、本を片手にたくさんの人が集まってくれているのがすごく不思議で、すごくうれしかった。(その様子を写真に撮りたかったのにすっかり忘れた…)

読書会の進行みたいなのはまだ慣れなくて、えっと、この次どうしたらいいんだっけ、みたいに止まっちゃうことがある。だけど、まあそれもいいかなって思ってもいる。今までは、自分と誰かの間に生じる間が怖くて、それを言葉で埋めようとしていたけど、そこにある間をそのままにできるようになった。 まだたまに怖いと思うこともあるけど、もっとそれと仲良くなりたい。

打ち上げに何人かでご飯を食べに行った。 別々の場所に住んでいて、ばらばらの生活をしている人たちの今年の話を聞く。それから来年どうしたいのか、というか人生どう生きたいのか、みたいなことに話がひらいていった。(お酒の力は大きい) はじめてのメンバーだったのに、そんな感じがぜんぜんしなかったのは、みんなが優しかったからだと思う。

今日の読書会を計画していた頃は、12月27日って超年末だね!って話してたのに、あっという間に時間がやってきて、そして終わった。


この言葉を自分の本の中から見つけてどきっとする。ここ数年は自分を更地にしていくような時間だった。来年はまた違うものが書けるかな。

15 views

Recent Posts

See All

日記_0420-0423

4月20日(土) 京都の亀岡市で開催されたイベント「次の電車がくるまで」に栞日として出店の手伝いに行く。朝の4時に松本を出発して、車で5時間。集合時間ぎりぎりに到着して、みなさんに挨拶をしてから急いで設営。古い長屋を改装して造られた建物は、とても落ち着く空間で屋外も使ってみんなのんびりと店を開けていてとても雰囲気がよかった。 途中で店番を抜けて、大阪の中之島で開催しているNAKANOSHIMA Z

Commentaires


bottom of page