top of page
Search
  • Writer's picturefuzuki hoshino

20221223

23時すぎに修ちゃんと電話をする。仕事の話とか年末の話とかしていたら普通に時間が過ぎていって、(私には打ち明けたいと思っている気持ちがあって)「あの、話したいことがあって…」みたいな、重めの切り口で話題を変えた。

すると、びっくりしたのは、まったく同じようなことを彼も感じていたと告げられたこと。聞けばそれを考え始めたタイミングも同じと言う。そのことにすごく安心して、自分が最近考えていたことをなるべくまっすぐ、伝えることができたと思う。(自分が何を話すかということより、相手がどんなふうに聞いてくれるかが、何よりも重要なことだ、と思った)


まったく感情的にならずに、これからどうしたいのかを一緒に考えることができた。「別れる」みたいな言葉もしっくりこなくて、私たちは年内をもって「解散」することになった。 1月1日でぴったり5年間。私たちはよくやったし、とっても楽しかった。 今年が終わる12/31は、そんなお互いに感謝と慰労の気持ちを込めて会って、きれいな景色でも見ながら、一緒においしいものを食べようと話した。

それで、じゃあおやすみ~また連絡するね~って電話を切る。 何かが終わることなんてないのだ、と思った。

こんなふうに、すこし先のことを考えて前向きに離れることを選べた私たちのこれからは、たぶん明るい。 ずっと明るいといいな。

25 views

Recent Posts

See All

日記_0420-0423

4月20日(土) 京都の亀岡市で開催されたイベント「次の電車がくるまで」に栞日として出店の手伝いに行く。朝の4時に松本を出発して、車で5時間。集合時間ぎりぎりに到着して、みなさんに挨拶をしてから急いで設営。古い長屋を改装して造られた建物は、とても落ち着く空間で屋外も使ってみんなのんびりと店を開けていてとても雰囲気がよかった。 途中で店番を抜けて、大阪の中之島で開催しているNAKANOSHIMA Z

Comments


bottom of page